登山&ハイク

2017年09月22日

浅間山へ

9/18日、台風が過ぎ去った三連休の最終日。
台風の余韻の風は強めだが、台風一過の青空が広がるようなので行きたかった浅間山外輪のトーミの頭と黒斑山に行ってきました。
初心者向けで絶景を楽しめるルートです。

IMG_0919
車で小諸IC〜チェリーパークラインで高峰高原の車坂峠に到着。ココまでは自転車でも何度か来てるが
この先は今回が初めて。駐車場に車を止めて登山届を出して出発。 出発地点の標高は1973m。
登って行くのは「表ルート」少し登るだけで↑の写真のような絶景が広がります。
眼下には小諸の町から奥に続く佐久の町まで一望出来ます。

IMG_0946
歩くこと1時間ちょっとで着いた槍ヶ鞘(2130m)で眼前にどっしりと浅間山が現れます。凄い存在感!
写真の左のてっぺんのトーミの頭を目指して上がっていく。

IMG_0968

IMG_0978
そして到着。トーミの頭!!(2320m)
前日までの台風の雨と風でクリアな景色が広がりやってきた甲斐がありました。素晴らしい絶景!

IMG_0981
風が強いので岩陰で腹ごしらえのコンビニメシ。7-11の焼き魚ほぐし系のゴハンが最近結構好きです^^
くつろいだ後はもう少し先に登ります。

IMG_0997
トーミの頭から20分ほどで黒斑山(くろふやま)に到着。2404m。 さらに浅間山が近く見れます。
出発地点の車坂峠から食事挟んで2時間ほどかな。 標高差は431mでした。

IMG_1016
しばし浅間山を見てると火口からモクモクと白煙が上がってきた。
下の方や離れた所からはよく見ていたがこんなに間近から見るのは初めて。
登山途中にはシェルターや危険を知らせる巨大なスピーカーも設置されてるのでちと怖い・・・
今回はココで折り返し。

IMG_1041
トーミの頭に再び戻ってからは来た時と違う「中ルート」で車坂峠に戻ります。
表ルートとは違い、山の中を歩くルートなのでこちらは開けた所は殆ど無し。木々の間の道を下りていく。

IMG_1058
途中は雨続きだったからかキノコがたくさん生えてます。
ふと見ると完璧な形をした美味しそうなキノコ。とりあえず写真をパチリ! 帰って調べてみると猛毒のベニテングダケでしたw
私にはキノコ狩りは無理だと悟りました。

IMG_1079

IMG_1084
下りは1時間ほどで戻ってハイク終了。
車坂峠周辺にはまだヤナギランやマツムシソウが咲いてましたよ。
短めの登山でしたが久しぶりだったため、翌日はアチコチ筋肉痛でした(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ  にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ


enozo_kuma at 11:02|PermalinkComments(0)

2017年07月28日

破風岳から見下ろす毛無峠

志賀高原散策予定だった日、現地に行ってみると残念ながら雨。
雨具は持ってはいるがそれはあくまでハイクの途中で雨が降ってきた時に仕方なく使うものであり、初っぱなから着て歩き出すのは嫌なのだ。
という事でハイクは一旦却下。下界の須坂市に下りて動物園の見学したり、メシ食ったり・・・

IMG_1668
午後になって再び山の上へ。いつもは自転車で来る群馬と長野の県境にある毛無峠にやってきた。
雲は多いものの雨は止んでるので来る度に気になっていた毛無峠の隣の山に上がってみることに・・

IMG_1568
山頂に向かいジグザグに続く登山道。たいした山ではないが、自転車で来ると登る時間もなくいつも
下から眺めるだけの山である。あそこの上からこの毛無峠、そして小串鉱山跡を見てみたいのだ。
山頂は雲に隠れてるが、ここは風の通り道。 たぶん雲が抜ける時間もあるだろう。

IMG_1583
少し登って振り返る。車が止まってる所が毛無峠。右下に続く道が通行止になっている小串鉱山跡への道。

IMG_1581
道の先に続く砂の大地のような所がかつて硫黄の採掘で繁栄し、最盛期の昭和35年頃には1500人近い
人が住んでいた小串鉱山です。

IMG_1626
15分ほどで破風岳の山頂に到着。1999m、こういう標高数字を見ると「あと1m位土か石でも
盛っちゃえばいいのに・・」と思ってしまいますよね(笑)
景色の方はやはり雲の中で真っ白。

IMG_1606
しかし、少し待てばこの通り毛無峠と小串鉱山もはるか下に見下ろす事が出来ました。
15分で上がれた割にはなかなかの絶景で上がった甲斐があったな。

IMG_1617
山頂の反対側は目もくらむような断崖絶壁。間違って落ちたら間違いなく死にそうです。
山頂に満足した後は来た道をまた辿って車に戻ってきた。


この小串鉱山は今年映画が出来るそうですよ。詳細は↓
「風景とドキュメンタリーの遺構探訪映画」 記憶 〜雲上のまち小串鉱山〜

トレーラーの予告編だけでも結構見応えありますよ。 是非観てみてください。


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ  にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ


enozo_kuma at 10:44|PermalinkComments(0)

2017年07月27日

キスゲ咲く野反湖一周散歩

年に1回くらい行ってる野反湖だが、キスゲ満開の時期には行った事がなかったので7/15日に行ってきた。
今回は自転車ではなく車で一気に野反湖畔の富士見峠に到着。 ハイク用の駐車場に車を止めて
少し歩いて野反湖に来ると満開のニッコウキスゲが湖畔に広がってました。
IMG_1339
野反湖の写真ではよく見る風景だけど実際に見るとやはり見事! 
ここではニッコウキスゲを「ノゾリキスゲ」と呼んでますね。
天気予報では青空が広がると思っていたのだが、結構雲が多かったのが残念。来年また来るかな。
IMG_1358
せっかく来たのだから野反湖1周ハイク。 湖畔沿いにほぼ一周の散策路があるので回ってみます。
富士見峠にはキスゲを見に来た人が大勢居たけど、少し歩くと全く誰も居ない道。笹が多くて
なんとなく熊に遭遇しそうで少し怖いですね・・

IMG_1365
写真右奥のくぼんだ所が歩き始めた富士見峠。半分手前くらいの所かな?
この後、キャンプ場とビジターセンターのあるエリアを越えてしばらくは一般道歩き。
IMG_1386
途中、少しだけ雨が落ちてきたがさほど濡れることもなくキスゲ咲く富士見峠に戻ってきた。
1周した後は野反湖を離れ、温泉に浸かって草津へ。

IMG_1492
草津は夜にライトアップしてるので、夕飯を兼ねての夜散歩。 湯畑周辺がやはり賑わってますね。

IMG_1521
何色かのライトが入れ替わり湯畑と湯気を照らし見ていて飽きないいい雰囲気でしたよ。

IMG_1526
西の河原公園の散歩道もライトアップが続き心地いい夜風を感じながら車と駐めた駐車場に戻ってきた。

久しぶりに20km以上歩いたな。普段あまり歩かないのでもちろん足はクタクタですよ(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ  にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ


enozo_kuma at 10:21|PermalinkComments(0)

2017年07月23日

乗鞍岳へ---2

畳平まで上がってきて昼食を食べた後は自転車を置いて歩き出します。
前回来たときは畳平からすぐ横に見える富士見岳(2817m)まで登ったけど
今回はタイトル通りに乗鞍岳へ行くのです! 畳平の標高は2716m、乗鞍岳の山頂である剣ヶ峰の
標高は3026mなので310mの登山になります。
IMG_1991
歩き出して少し振り返って見る畳平。雲がかかっている所とかかってない所の鮮やかさが美しい。

IMG_2109
登山道脇にはコマクサが沢山咲いてます。枯れてる花が無くてちょうど最盛期で綺麗。
何かと毎年見れていている高山植物の女王さまです^^

IMG_1995
少し進むと東側の景色が開けて眼下に走ってきたクネクネとしたエコーラインが見下ろせます。

IMG_2003
そして前方の上の先には目指す剣ヶ峰!(遠いなぁ・・)

IMG_2004
平坦に近い道を20分ほど歩くと見えてくるのが肩の小屋。
トイレをお借りして一息ついて剣ヶ峰に向かいます。

IMG_2015
イワカガミもチラホラ咲いていましたよ。鮮やかなピンクが綺麗で好きな花です。
IMG_2019
肩の小屋を越えると剣ヶ峰口の登山口。 ここからは大きめな石が増えてザレた道になり、斜度も
上がりますよ。 小さな石も多く滑りやすいので転んでる人も見かけるので慎重に進みます。

IMG_2086
こちらはチングルマ。すごく沢山咲いてました。何枚も撮ったけど青空バックが爽やかで綺麗かな。

IMG_2022
途中から振り返ると肩の小屋。奥の山は摩利支天岳でその上に建つのはコロナ観測所らしい。

IMG_2036
急登にくたびれると振り返り・・

IMG_2047
先を見ると山頂がだいぶ近づいてきた。近いようでなかなか遠い山頂です。

IMG_2094
岩の間にはミヤマキンバイの花が咲いてます。この花も結構沢山咲いてましたよ。

IMG_2037
そして西側には残雪に囲まれた権現池。 雲がかかるとグレーですが陽が入るとコバルトブルーの
美しい池面が輝いてます。

IMG_2051
ふぅ。あと少し。
さらに岩は大きくゴツゴツになり歩きにくさアップ・・誰がこんなに積み上げたのだ?(違)

IMG_2068
そしてようやく到着〜〜! 乗鞍岳山頂剣ヶ峰 3026m!
自身初の3000m越えです。 空気が薄い(ような気がするようなそうでもないような・・?)

IMG_2070
同伴のモンベルベアーも誇らしげです^^

IMG_2073
権現池も一瞬でしたが素晴らしい色を見せてくれました。

IMG_2076
こちらが下からも見えていた乗鞍本宮です。ちゃんと宮司さんも居ることに驚き!


IMG_2077
本宮の裏からの景色。雲が多くて半分位しか見えないけど天空感味わえて満足満足。
しばしの間山頂の雰囲気を楽しんで、ここ剣ヶ峰山頂でしか買えないピンバッジを購入して
下山します。

IMG_2097
畳平に相方さんを待たしてたので急ぎ足で一気に戻ってきましたよ。
往復で2時間20分位だったかな? 畳平まででも絶景続きでしたが、剣ヶ峰まで行くと
さらなる絶景も楽しめて良かった!


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ  にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ


enozo_kuma at 20:28|PermalinkComments(2)

2017年02月04日

奥高尾ハイク

DSC_3904
快晴の土曜日。
さぞ富士山も綺麗に見える事だろうという事で軽登山活動。奥高尾の山を歩いてきました。
 
DSC_3878
今回のスタートは空いてる日影沢から「いろはの森」経由でまずは高尾山山頂に上がっていきます。
「今日は暖かい」という予報だったにもかかわらず歩き始めはマイナス2度で寒い。
名前の通りに日影続きの道ですが、階段メインのルートのため10分も歩けば体は温まります。

DSC_3897

DSC_3914
1時間ほど歩くと高尾山山頂に到着。思ってた通りにクリアな富士山が現れました。
何度も高尾山には登ってますが、今までまともに富士山が見れてなかったので感動の景色です。
トップの写真は望遠で撮った物ですが、高尾山でここまで見事に富士山が見えるとは今まで
知らなかったです。

DSC_3939
高尾山山頂からは西側に進み「奥高尾エリア」に進みます。 もみじ台を越えてしばらく歩くと
一丁平。ここの展望台からも富士山の見事な勇姿が拝めて再度感動。
 
DSC_3947そして程なく木彫りの天狗がトレードマーク?の小仏城山の山頂(670.3m)に到着。
山頂にある城山茶屋のおでんと持ってきたおにぎりで昼食&休憩。
この時期の山頂とは思えない暖かさでまったりとした時間を過ごして先に進みます。

DSC_3977
途中、少し開けたところからは眼下に相模湖と中央道。奥には富士山が顔を覗かせる絶景スポットが!
奥高尾は初めてなので色々と知らない景色に出会えて楽しく進めます。
この先の小仏峠で下りる予定だったが時間に余裕があるので先の景信山に向かう事にした。 

DSC_3998

DSC_4009
小仏峠から先は今までよりも少し急な上り。しばし歩いて景信山の山頂(727m)に到着。
いやはや、こちらも関東平野一望の絶景なり。 先にはうっすらとスカイツリーも見えます。
300mmの望遠で撮ったのが↑。 夜に来たら夜景も凄いんでしょうねー。

景信山の後は下り。ずんずん下って出発地点に戻り、ハイク終了。
いい景色満喫の1日であった。




にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ


enozo_kuma at 20:32|PermalinkComments(0)

2017年01月09日

臘梅咲く宝登山

DSC_3504

この時期臘梅で有名な長瀞の宝登山に行ってきました。
ロープウェイで上がればあっという間だが、少し運動も兼ねて野上駅からの散策ルートの通称
「 長瀞アルプス」を歩いていきます。

DSC_3485
 
 歩きやすい散策道で程よいアップダウン、途中には小鳥峠や野上峠、ナラ沢峠などの看板を見ながら
高度を上げて標高497mの山頂に到着。 ベンチの一つで湯を沸かしてカップラーメンの昼食。

DSC_3522
 
山頂にある臘梅園では綺麗に咲いた臘梅の花の香りが漂ってます。 全体には3部咲きというところ。
他にも寒桜なども咲き、花が寂しいこの時期には嬉しい景色が広がってました。

DSC_3538
 
臘梅の先には長瀞の街、正面には高原牧場や二本木峠、登谷山、釜伏山などの尾根が広がり
なかなかの見応えです。 下りはこちらから下りていきます。車道(砂利道)の間を直線的に下りる
ショートカットの遊歩道が結構楽しめました。

DSC_3543
 
下りた所にある宝登山神社に立ち寄り、後は車道を歩いて野上駅に戻り今回のハイクは終了。
スマホの歩数計では15kmほど歩いたようなので少しは運動になっただろう。
 

enozo_kuma at 09:41|PermalinkComments(0)

2017年01月03日

初登山は御嶽山と日の出山

103-1

正月2日は今年の登山初め。 初詣も兼ねてのゆる山登山で御嶽山に行きました。
この時期初めてでしたがやはり初詣客が多く、御岳登山鉄道の滝本駅に向かう道は渋滞の列。
駅に隣接する駐車場待ちの渋滞なので並んでいても仕方が無い。
下の方の駐車場に駐めて歩いてきました。 ケーブルカーは正月仕様。乗客は常に満員でした。

103-2

参道を進んで御嶽山神社に到着。 いつ来ても華やかで綺麗な本殿です。
お参りの後、本殿奥にある御嶽山山頂を踏んで日の出山に向かう。

103-3

103-4

 日の出山では雲が広がってしまい、絶景は半減で少し残念。 
沢山あるベンチの一つで持ってきたカップラーメンを食べた後は散策しながら下山。

元旦と2日で緩いながらも自転車の「初乗り」と「初登山」が出来ました。 

enozo_kuma at 15:30|PermalinkComments(0)